設為首頁 | 收藏本站
歡迎光臨商務日語能力考試網 >> 商務日語能力考試專題熱點頻道!

商務職場禮儀:拯救不能喝酒的小伙伴

加入收藏 考吧(www.mtfpug.live) 商務日語能力考試網 考試題庫

商務日語的學習,需要不斷的閱讀和溝通,為了幫助考生提高口語練習,我們考吧網整理了一些有關于商務日語的口語練習,希望通過本次的學習對你的考試有所幫助。如果想了解更多的商務日語知識,請繼續關注我們考吧網.

女職員1:一號選手~我要脫~

女前輩:白癡~!

男職員1:二號選手只野元氣~我要唱歌~

男前輩:吵死!

お酒が飲めない、お酒の席が苦手…どうすればいいですか?

不會喝酒,不擅酒席…怎么破?

上司:まずお酒を飲めない人は、とにかく自分が「酒を飲めない體質である」ことをハッキリ言うべきです。こればっかりは持って生まれた體質の問題で、お酒の弱い人が無理やり一気飲みをさせられて死亡したケースもあるくらいですからね。歓送迎會など、思わぬ盛り上がりで一気飲みをさせられては大変です。「自分は昔、お酒を飲んで意識不明になった」など、それくらいの噓はついてもいいと思いますよ。命にもかかわる、本當に危ないことですから。

上司:首先不能喝酒的人一開始就要說清楚自己是“不能喝酒的體質”。這是與生俱來的體質問題,甚至有不擅飲酒的人勉強干了而死的例子。在歡迎會歡送會上受氣氛感染而被灌酒可是很痛苦的。“我以前曾喝得昏迷不醒”適當說點這類謊也行。畢竟這是性命攸關的真正危險啊。

女職員1:で、でも、そんなこと言って斷ったら、空気の読めない奴って嫌な顔されたりしませんか?酒が飲めないなんて、つまんない奴だって…。

女職員1:但、但是,如果這么說著回絕掉,不會被當成不識相的家伙遭人白眼嗎?說你居然不會喝酒,真沒情調。

上司:先ほども述べましたが、飲めないことは生まれついての體質ですし、命にもかかわります。それでも強要するような人間は、どうしようもない奴ですよ。お酒を斷る、一気飲みを斷る、それで嫌な顔をされたくないなんて、そんなことで頑張る必要はありません。あとはその場の雰囲気になじんで一緒に楽しめるなら、酒は飲めなくても楽しい奴だと認知してもらえます。それで何ら問題はないんじゃないでしょうか。

上司:前面也說過,不能喝是天生的體質,這關乎性命啊,這樣還逞強的話那就真的沒救了。你說不想因為拒絕喝酒、拒絕一口干而遭人白眼,你也沒必要拼到這地步啊。只需配合現場氣氛跟大家同樂,別人也會認識到你雖然不喝酒也是個有趣的家伙。這就沒任何問題了,不是嗎?

男職員1:な、なるほど…。あと、お酒が飲めないというより、お酒の席が苦手、という人はどうしたらいいんでしょう。行きたくないなら斷ってもいいんですか…?

男職員1:原、原來如此。另外拋開不能喝的,像是不擅酒席的人該怎么辦呢?不想去的話可以拒絕嗎?

前輩:もちろん、本當に行きたくないのなら斷って良し!嫌々ながらに參加されても、誘った人は嬉しくないしな。ただ斷るにしても、毎回毎回その場しのぎの噓をつくのはやめた方がいいぞ。「噓つき」のレッテルを貼られて、そのうち人間的にも信用されなくなるからな。斷るのなら、ハッキリと「お酒が苦手だから」と言えばいい。毎回斷っていれば、誘う側の人間だって「どうせあいつは呼んだってこないから」と誘わなくなる。自分は飲み會には行かないんです、ってキャラを早い段階で作っちゃうのもアリかもな。

前輩:真心不想去當然可以拒絕!就算你勉強參加邀請你的人也不會開心。不過即便拒絕還是要避免每次都臨時找理由說謊混過去,這樣你會被打上“騙子”的標簽,漸漸地不受信任。要拒絕就明說“我不擅喝酒”。每次都拒絕的話,最后邀請你的人也會覺得“反正叫他也不會來”而不再邀你了。也可以趁早塑造出自己不去飲酒會的角色形象。

上司:ただ、必要最低限な歓送迎會などは仕事と思って出席するべきです。仕事とは関係のない話を勤務時間外にする、実はこれが仕事の一環でもあるのですから。仕事とは全く関係ない話でも、そこからその人の個性やつき合い方が見えてくる。

上司:不過諸如歡迎會歡送會等最起碼的場合可以視為工作來出席。雖然是非工作時間聊與工作無關的話題,這其實也是工作的一環。即便是與工作完全無關的話題,也能從中看出該人的個性和交際方式。

男職員1:だから、そうなるためにもなるべく飲み會には參加した方がいいってことですか?

男職員1:所以說為了更了解他人應該盡量參加聚會,對吧?

上司:まぁ「飲みニケーション」という言葉もあるくらいですからね。お酒の席でのコミュニケーションは仕事の潤滑油のようなものですよ。仕事というものは1人だけで完結するわけではありません。いろんな人とかかわっていかなくてはなりませんから、つき合いが悪いという評価は後々自分自身にとって不利になってしまうかもしれませんね。ですから毎回毎回斷るのではなく、たまには仕事と思っておつき合いをしてみるのもいいのではないでしょうか。

上司:畢竟都有“酒交”這種詞出現了,酒席上的交流相當于工作的潤滑劑。工作并非單一個人就能做完,還會關系到各類人等,如果得到難以交往的評判,那以后可能對自身不利。因此別每次都拒絕,偶爾就當是工作應酬下,不是很好嗎?

女職員:そっか。嫌いな飲み會も、仕事と思えば割り切れるかも…。そこで、會社の人の意外な面を見れるかもしれないし…。嫌だ嫌だと言う前に、少しはトライもしないとね。

女職員:是啊,討厭的飲酒會如果當成工作可能就撐得下去了。而且說不定還能看到同事不為人知的一面。在說煩人之前,還是得多少做出嘗試。

推薦閱讀:

商務日語(職場潛規則)必備知識匯總

商務日語考試(口語)強化訓練輔導匯總

日常常用商務日語(口語)經典句型輔導匯總

您還可以看看和商務職場禮儀:拯救不能喝酒的小伙伴相關的信息

商務日語能力考試快速通道:歷年真題模擬試題查詢網址
更多有關商務日語能力考試信息請訪問:商務日語能力考試網

各地商務日語能力考試信息

商務日語能力考試最新更新

商務日語能力考試模擬試題

商務日語能力考試歷年真題

体彩p5开奖走势图